メイクがキレイに仕上がる!「メイクブラシ」の種類と選び方は?

メイクブラシは、メイクをする上で欠かすことの出来ないアイテムのひとつです。

そんなメイクブラシには数えきれないほどの種類があります。

別売りのメイクブラシは購入せずに、コスメに付属されているブラシを使用しているという方も多いかもしれませんが、
ピッタリ合ったメイクブラシを選ぶことで、今までよりも格段にキレイにメイクを仕上げることができるんです!

しかし、メイク用品売場に行くと色々な種類のメイクブラシが並んでいるので、
どれがどの場所に使用するのかわかりにくいと思います。

そんな方のために今回はメイクブラシの種類や選び方、さらに持っていると役に立つおすすめのメイクブラシをご紹介します!

メイクブラシを使い分けた方が良い理由とは?

プロのメイクアップアーティストは、普段から様々な種類のメイクブラシを使い分けています。

しかし、メイクブラシを沢山揃えて使い分けるのは、メイクのプロでも無い限り必要性が無いと感じる方もいるかもしれません。

ですが、同じコスメでもメイクブラシやスポンジ、パフなど、使う道具によって仕上がりが大きく変わってくるんです。

例えばファンデーションは、スポンジを使って仕上げる方法が一般的ですが、プロは皆メイクブラシを使って仕上げることが多いとされています。

それぞれの部分に合ったブラシを使うことで厚塗り感を出さずにふんわりとナチュラルに仕上げることができたり、
さらにチークやハイライトも自然に乗せることができるので、立体的に仕上げることができるんです。

メイクを美しく仕上げたいなら、メイクブラシを必ず使い分けましょう!

メイクブラシの種類一覧!

メイクブラシの種類一覧をご紹介します!

一つの場所だけに使えるものから、複数の使い方ができるものまで様々なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ファンデーションブラシ

ファンデーション専用のブラシ。

パウダーファンデ以外にも、リキッドやクリームタイプにも使えます。

リキッドファンデーション用ブラシ

リキットファンデーション専用のブラシ。

スポンジを使うよりもムラが無くキレイに仕上げられます。

コンシーラー用ブラシ

コンシーラー専用のブラシ。

気になる部分もキレイにカバーすることができます。

フィニッシングブラシ

パウダーなどの余計な粉を落としてくれ、同時にツヤを出す事ができる効果があり、毛質は少し固めになっています。

パウダーブラシ

フェイスパウダーやパウダーファンデ、シェーディング、チーク、ハイライトなど様々な用途で使えます。

ふんわりとした毛質で肌にも優しいのが特徴です。

チークブラシ

チーク専用のブラシです。

先端は丸みがあり、立体感を出しやすくなっています。

ハイライターブラシ

ハイライトを入れるときに使うブラシ。

チークブラシと形がよく似ています。

ノーズシャドウブラシ

ノーズシャドウを入れるときに使用するブラシです。

ナチュラルな陰影をつける事ができます。

アイシャドウブラシ

アイシャドウ専用のブラシ。

大きめのサイズはまぶた全体に乗せる時に使い、小さめのサイズは細かい部分を塗りたいときに使いましょう。

ブレンディングブラシ

アイシャドウをぼかしたいときに便利なブラシです。

グラデーションもキレイに作る事ができます。

アイブロウブラシ

アイブロウ専用のブラシです。

毛は斜めにカットされており、描きやすくなっています。

スクリューブラシ

アイブロウを整えたり、ぼかすことできるブラシです。

まつ毛を整えることもできます。

アイラインブラシ

ジェルアイライナーやリキッドアイライナーがキレイに引けるブラシ。

目尻もキレイに引くことができます。

リップブラシ

リップ専用のブラシです。

ムラなくキレイなリップラインを作る事ができます。

おすすめのメイクブラシは?

これから本格的にメイクブラシを使ってメイクを始めたいという方は、
基本のメイクブラシがすべて入ったメイクブラシセットを購入するのがおすすめです。

しかし、最近では100均でも高品質なメイクブラシを取り扱っているので、
少ない予算でも一通りのメイクブラシを揃える事ができます。

まず手に入れておきたいおすすめのメイクブラシは、ファンデーションブラシとチークブラシ、
パウダーブラシ、アイシャドウブラシです。

特にベースメイク用のブラシは、仕上がり具合が大きく左右されるので、必ずゲットしておきましょう!

まとめ

メイクブラシは特定の部分専用の物でも、他の部分にも使える場合もあります。

メイクブラシは沢山の種類がありますが、一式揃えるのが大変な場合は、
まずはおすすめの物から少しずつ揃えてみてくださいね。

みなさんもメイクブラシを使い分けて、メイクの質をワンランクアップさせてみましょう!

著者

Biew 運営