今期注目色は?2018年秋冬のトレンドリップをチェック!

数あるメイクの工程の中でもいつも手を抜いてしまいがちで、適当に仕上げてしまっている人が多いとされているのが「リップメイク」です。

いつも同じカラーばかり使ってしまったり、仕上がりの質感を一切気にしなかったりと毎日同じような口元になってしまい、
マンネリ化しているという方も多いかもしれません。

しかし、メイクのなかでも唇は特に重要なパーツであり、使うリップのカラーや質感によって顔全体の印象を大きく左右してしまいます。

メイク上級者は季節感に合ったリップをその都度取り入れており、季節に合わせてリップを使い分けることで、トレンド感のある旬な口元を演出できるんです!

そこで今回は、2018年秋冬に話題のおすすめのリップのトレンドキーワードをご紹介します!

2018年秋冬リップのトレンドの特徴は?

最近は、大人っぽい雰囲気のこなれ感のあるメイクがトレンドになっていますが、
リップメイクも同様に、大人の色気を引き出せる艶やかな唇がトレンドです。

2018年秋冬は妖艶さがあり、深みのある大人な雰囲気の色味のリップが各ブランドから数多く登場している傾向があります。

今季は全体的に派手な印象を醸さずにシックに仕上げるのがトレンドになっていて、抜け感のあるメイクが主流です!

質感については、引き続きマットのトレンドがしばらく続きそうで、この秋冬は人気ブランドから落ちにくく改良されたものや、
シワが目立ちにくくなったといった、さらに進化を果たした新たなマットタイプのリップが沢山登場しています。

2018年秋冬に押さえたいリップのトレンドキーワード!

これさえ押さえておけば間違い無しの、2018年秋冬の注目のトレンドキーワードをご紹介します。

早速取り入れて旬な顔になっちゃいましょう!

赤みがかった”ブラウンリップ”で旬顔に!

2018年秋冬で特に注目されているリップカラーが”ブラウン”をベースにしたカラーです。

今季は明るいブラウンではなく、深みのあるダークブラウンがベースにしているリップがトレンドで、
赤みをプラスしたレッドブラウンや、オレンジブラウンといったカラーが人気となっています。

特にオレンジブラウンは肌なじみもよく、日本人の肌の色に相性が良いのでおすすめですよ。

上品な印象にしたければ”パープルをチョイス!

もう一つ、この秋注目のリップカラーが”パープル”です!

パープルと言っても様々な色味がありますが、程よく落ち着いた印象になる紫がかったピンクのリップや、
紫の深みをプラスできるパープルのグロスなど、さり気なくパープルを取り入れてみるのが今季流です。

またシックで深みのあるプラムカラーも大人っぽくておすすめですよ。

“リキッドルージュ”でみずみずしさのある唇に!

2018年秋冬に押さえておきたい1つがリキッドルージュです。

リキッドルージュは、みずみずしさのあるぷっくらとした唇をもたらしてくれ、塗り立ての発色を長時間キープできることでも人気があります。

まだ持っていないという方は、今季に1本ゲットしておきましょう!

ふっくらとした質感の”ソフトマット”に注目!

マットタイプのリップが引き続きトレンド中ですが、さらに周りと差を付けたいなら、
進化形マットと言われている”ソフトマット”の質感を出せるリップをチョイスしましょう!

ソフトマットはベルベットのような柔らかくふっくらとした質感が特徴で、洗練された印象を与えてくれるだけでなく、
付け心地も滑らかなので重めのリップが苦手な方にもおすすめですよ。

“セミ・サテン”仕上げで透明感と艶のある唇をゲット!

マット以外にも今季注目されているリップの質感が、”セミ・サテン”仕上げです。

その名も通りサテンのような光沢があり、透明感のあるなめらかな質感が特徴的です。

艶も少しあるので、華やかな印象に導いてくれますよ。

乾燥しやすい唇には”シアー”タイプがおすすめ

抜け感があり、主張しすぎないナチュラルな口元に仕上げられる”シアータイプ”のリップは、
保湿成分がたっぷりと配合されている事が多いので、乾燥しがちな秋冬に特におすすめなんです。

シアーと聞くと淡いカラーが多く、鮮やかで発色が良いイメージがありますが、
深みのあるカラーを選べば、大人の色気が漂うぽってり唇が完成できますよ。

まとめ

2018年秋冬は、シックなリップメイクがトレンドですが、深みカラーのリップが似合わないという方でも、
一度チャレンジしてみれば、意外にしっくりとくるかもしれません。

唇は顔のパーツの中でも特に目に入りやすいため、リップのトレンドだけでも取り入れておけば、たちまち今っぽい旬な顔になることができます!

紹介したキーワードを抑えて、ぜひ毎日のメイクに取り入れてみてくださいね。

著者

Biew 運営