アメリカで話題!新たなダイエットスイーツ「ヨーグルトバーク」の作り方

ヘルシー且つ味もおいしいヨーグルトを毎日のように食べているという人も少なくないかもしれません。

しかし、いくらおいしくても続けて食べていると飽きてしまうこともあるのではないでしょうか?

そんなときにはヨーグルトに人手間加えるだけで出来るアレンジ料理がおすすめです!

その中でも最近注目されているのがヨーグルトを冷凍して固めたという、見た目もおしゃれなひんやりスイーツ「ヨーグルトバーク」です。

今回は新たなヨーグルトスイーツとして外国のSNSで現在話題になっている、おしゃれでおいしいヨーグルトバークの作り方を大紹介します!

ヨーグルトバークとは?

ヨーグルトバークとはヨーグルトを薄い板状に凍らせて固めた、手で割って食べることができる新感覚のフローズンヨーグルトアイスです。

バークという言葉は割ったときの形状が木の皮(Bark)に似ていることから名付けられたとされています。

凍らせたヨーグルトというとフローズンヨーグルトを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、
ヨーグルトバークはフローズンヨーグルトから進化を遂げた新たなひんやりスイーツとして注目されています。

アメリカのインスタで話題沸騰!

ヨーグルトバークはアメリカのインスタグラムからトレンドになり、今では世界中で人気が広まっています。

おしゃれな見た目はどこを撮ってもフォトジェニックでSNS映え抜群!

カラフルなフルーツを入れるとより華やかな見栄えになるので、
沢山作ってパーティーのデザートに出すのもおしゃれかもしれません。

フローズンヨーグルトとの違いとは?

ヨーグルトバークとフローズンヨーグルトは、どちらもヨーグルトを冷凍庫で凍らせ作るため、一見似ているように思えますが異なる点がいくつもあります。

どちらも主に水切りヨーグルトを使って作りますが、最大の違いは凍らせる際に、フローズンヨーグルトはアイスクリームを作るときのように、
深めの容器に入れてから凍らせますが、ヨーグルトバークはバット(浅い容器)に薄く流し入れてから冷凍します。

また、食感もかなり違いがあり、フローズンヨーグルトはシャリシャリとした爽やかな食感を楽しめますが、
一方でヨーグルトバークは、ザクザクとした歯ごたえの良い食感を楽しむ事ができます。

それぞれで同じ材料を使用して作っても、食感が大きく異なるのでその日の気分によって選んでみるのもいいかもしれません。

ヨーグルトバークにはダイエット効果もある!

夏の暑い時期には冷たくて甘い食べ物を沢山食べたくなってしまいますが、ダイエット中の場合は泣く泣く諦めなければいけませんよね。

しかし、このヨーグルトバークは低カロリーでヘルシーなのでダイエットをしているときでも我慢せずに食べることができます!

たんぱく質やカルシウムが豊富に含まれているヨーグルトに加えて、ダイエット効果が期待できそうなナッツ類やフルーツを入れることで、さらにヘルシーデザートに!

ヨーグルトバークは朝食に食べるのもいいですが、ダイエット効果を高めるには夕食の後のデザートとして食べるのがおすすめです!

ヨーグルトバークの作り方!

誰でも簡単にできる、ヨーグルトバークの作り方をご紹介します!

用意する物:ヨーグルト(無糖タイプ) 1パック、はちみつ 大さじ2、お好きなフルーツやナッツ、
バット(浅い容器)、ザル、ボール、キッチンペーパー、オーブンシート

作り方

1.ボールを重ねたザルにキッチンペーパーを敷きヨーグルトを入れて一晩かけて水切りをする

2.水切りが終わったらヨーグルトにはちみつを大さじ2加えて混ぜる

3.バットにオーブンシートを敷き、ヨーグルトを流し入れて、ヘラなどで平らにする

4.好きな具材をトッピングする

5.冷凍庫に入れて2時間ほど冷やす

6.固まったら冷凍庫から取り出し、好みの大きさにカットして完成

ヨーグルトバークに合うおすすめの具材!

ヨーグルトバークは、加える具材によって色々な味わいを楽しむ事ができます。

おしゃれな感じに見せるには、色鮮やかな食材を加えるのがポイントです!

そこで今回は、おしゃれに見せる事ができる具材を中心にご紹介していきます。

[イチゴ×ナッツ]

甘酸っぱいイチゴと、カリッと砕いたナッツの食感を一緒に楽しめる、贅沢なヨーグルトバーク!

大人だけでなくお子さんのおやつとしてもおすすめな組み合わせです。

[オレオ×バナナ]

ヨーグルトバーク好きの間で絶品!と話題になっているのが、あのオレオを砕いて加える、
オレオとバナナのヨーグルトバークです。

オレオの苦みとヨーグルトの酸味がマッチするらしく、ダイエットの息抜きにもいいかもしれません!

[リンゴ×オレンジ×レーズン]

フルーツの定番、リンゴとオレンジに加えてアクセントにレーズンを盛り付けた、おいしさ間違いなしの組み合わせです。

さらにお好みでナッツを散りばめれば、一度で様々な食感を楽しむこともできますよ。

[グラノーラ]

栄養満点のグラノーラを加えた、ダイエット中におすすめのヨーグルトバークです。

通常のヨーグルトにグラノーラを加えて食べる時よりも、歯ごたえの良い食感を楽しめるのでおすすめです!

[ブルーベリー×ベリージャム]

ベリー系のジャムとヨーグルトを混ぜて、ブルーベリーなどでトッピングをした、パープルカラーがおしゃれなヨーグルトバーク!

カラフルなヨーグルトバークはより一層フォトジェニックなので、慣れてきたら色々なカラーのヨーグルトバークを作ってみましょう!

[メロン×キウイ×ナッツ]

ヨーグルトに相性抜群なメロンとキウイは、ヨーグルトバークにもぴったりな具材です。

メロンとキウイはとても柔らかいため、ナッツを加えて食感をよくしましょう。

まとめ

ヨーグルトとは思えないザクザクとした食感や、板チョコのようなカラフルでおしゃれな見た目は、今までのヨーグルトのイメージを覆すかもしれません!

新たなヨーグルトスイーツとして今度、日本でも定着していくかもしれないヨーグルトバークを先取りして作ってみてくださいね。

著者

Biew 運営