手作り化粧水でシンプルスキンケア!もっちりツヤ肌思いのままに!

肌に合った化粧品を探せない。いくら化粧品を変えてもトラブルを解消できない。

自分にはどんなケアが必要なのか分からない。あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

ネットを見れば情報があふれかえっていて、何を信じていいのかわからない情報社会。

そんなあなたに手作り化粧水でシンプルスキンケアおすすめします。

スキンケアジプシー

今使っている化粧品に満足できない。もっといい化粧品があるはず!とネットで調べて良さそうなものがあれば、片っ端から試してみるけど、いまだにこれといった化粧品に出会えていないあなた!

そんなあなたはスキンケアジプシーです。

きっとどこかに私に合った化粧品があるはず。私はまだそれに巡り合えていないだけ。そうやって、とっかえひっかえ化粧品を試し、一か月数万円ものお金を化粧品にかけていませんか?

スキンケアジプシーの特徴として、はじめはよくなった気がしたけど結局そうでもなかったみたいと、また違うものを買ってしまう。

流行りに惑わされ新商品に飛びついてしまう。

「今話題の〇〇」に弱い。芸能人が使っていると聞くと試したくなるなど、つぎつぎに違うものに飛びついてしまう浮気性な方が多いのです。

手作り化粧品と市販の化粧品

どちらにもメリット・デメリットがあります。

まずは手作り化粧品のメリットは、材料が明確で安心、肌に負担がかからないものが多い、低コストで気兼ねなくたっぷり使える、なんと言っても自分オリジナルのカスタマイズは特別感があるといったことがあげられます。

デメリットは防腐剤が入っていないので日持ちがしない、冷蔵庫で保管しなければいけないので旅行に持っていくときなど不便、即効性がないので劇的な変化を感じられない、何となく地味といったところでしょうか。

つぎに市販の化粧品のメリットですが保存の心配がない、即効性を感じられる、年齢別・肌別で売られているので自分に合ったものを選べばよい(細かな調合の必要なし)、パッケージやボトルが乙女心をくすぐる(これって意外と重要ですよね)。

つぎにデメリットですが、いいことはわかっていても高価なためたっぷり使うことをためらってしまう(効果を期待できないことにつながる可能性がある)、表示されていない成分が入っている可能性があるといったところです。

どちらを選んでも一長一短なにを求めるかによって、どちらが合っているのかということになります。

手作り化粧水

そこでみなさんにおすすめするのが手作り化粧水です。

シンプルイズザベスト!精製水とグリセリンだけでできちゃうんですよ。

これだけの材料で十分に化粧水としてのお仕事をしてくれます。けど多くの手作り化粧水派の方がたは、エッセンシャルオイルを入れて化粧水を作り、香りや効能を楽しんでいます。

エッセンシャルオイルの世界はとても奥が深く、知れば知るほど学びも多く楽しいものです。

みなさん平子理沙さんをご存知ですか?

年齢不詳の美人モデル!平子さんの年齢を聞くと驚きの40代!その平子さんは10年以上、手作り化粧水を愛用しているんですよ。ますます手作り化粧水気になりませんか?

おすすめエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルの香りは嗅覚に働きかけ心身へ作用します。

好きな香りで化粧水を作ることは、肌への影響はもちろん心へもよい影響をもたらします。ぜひエッセンシャルオイルの世界を楽しんでください。

まずビギナーさんにおすすめはラベンダーのエッセンシャルオイル。

昔からラベンダーは薬として使われてきたほど、いろいろな効能があります。

化粧水にラベンダーのエッセンシャルオイルを数滴たらせば、心身ともにリラックスできること間違いありません。またラベンダーはニキビや肌荒れに効果を発揮します。

もう一つおすすめはフランキンセンス。

クレオパトラも愛したと言われる有名な美魔女エッセンシャルオイルです。

シミ・シワ・ハリなどアンチエイジング効果が期待できる救世主的エッセンシャルオイルなんですよ。

化粧水レシピ

化粧水を手作りするなんて聞くと、科学の実験のようにいろいろと面倒なことも多い気がするかもしれませんが、これがけっこう簡単です。

レシピをご紹介しますね。

・ラベンダーの化粧水

【材料】

・精製水100ml

・グリセリン小さじ1

・ラベンダーのエッセンシャルオイル23

 

・フランキンセンスの化粧水

【材料】

・精製水100ml

グリセリン小さじ1

フランキンセンスのエッセンシャルオイル12滴。

どちらも長期の保存ができませんので、1週間を目途に使い切ってください。

使い切れなかったものも捨てるのはもったいない!全身にたっぷりと使ってあげましょう。

良質なオイル

なんと良質なオイルが乳液や美容液の代わりになります。

食べても体にいいオリーブオイルはビギナーさんにおすすめです。

体にいいオイルの代表的存在ですが、お肌につけても優秀です。

ただ少し独特にニオイがありますので、精製されたスキンケア用のものをおすすめします。無印良品で手軽に手に入りますよ。

ほかにも有名なアルガンオイルはビタミンEがオリーブオイルの23倍と言われていて、抗酸化作用でお肌のアンチエイジングに効果的です。

アルガンオイルはヘアオイルとしても有名で使っている方は多いです。

つぎにローズヒップオイル。こちらは肌にハリとうるおいを与えてくれます。

またシミ・シワの改善、美白効果も期待できます。人気のあるオイルですが、酸化しやすく保管が大変なオイルなのでビギナーさんにはあまりおすすめしません。

最後に一押しおすすめの馬油をご紹介します。

馬油は人間の皮脂に一番近いオイルと言われています。

また、昔から火傷や擦り傷には馬油と言われていてお肌の万能薬として重宝されてきました。

高い抗酸化作用・殺菌作用・浸透力に優れています。馬油はカスタードクリームより少し硬めで見た目はハードな感じを受けますが、肌にのせるとスーッと馴染んでいくのがわかります。

お肌だけでなくお風呂上りの濡れた髪に適量つけるのもおすすめ!

うるおいをキープして乾燥を防いでくれます。ただしつけすぎにはご注意ください。ベタベタになってしまいます。毛先につける程度で十分です。

日本では手軽に手に入る馬油ですが、海外に行くと高級オイルとしてビックリする値段で売られています。

手作り化粧水のリスクや危険性

手作り化粧水は、防腐剤が入っていないので腐ります。そのため長期間保存はできません。

冷蔵庫で保管して1週間を目途に使い切りましょう。

また保存容器内で雑菌が繁殖することも考えられるので、しっかり殺菌しましょう。また旅行のとき携帯したくても常温で持ち運ぶことは難しいです。

まとめ

いろいろな新商品に目移りして、つぎからつぎと新しいものに手を出すことが悪いことではありません。

けど浮気性を直し、シンプルな手作り化粧水を使うことで、あなたの肌は喜びの声をあげるかもしれません。もっちりツヤ肌を目指してぜひお試しあれ!

著者

Biew 運営