シリコンシャンプーって本当によくないの?

ノンシリコンシャンプーがいいって今や常識でしょ!これってホントにホントでしょうか?

現代人の常識と言わんばかりに、ノンシリコンシャンプーがもてはやされているような気がしませんか?

今回は「シリコン」=「悪いもの」がなんとなく定着しつつあるシャンプー業界の真実に迫ってみます。

シリコンの役割

シャンプーの中に入っているシリコンの役割はにはいくつかあります。

髪一本一本をコーティングして指どおりをなめらかにする、キューティクルの保護、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守る、髪同士の摩擦防ぐなどです。

どうですか?こんなにいい仕事をするシリコン。

どうして悪のような扱いをされるのでしょう?

たしかに一時、シリコンは毛穴に詰まるといううわさが流れましたが、根拠はまったくありません。

なぜかうわさだけが独り歩きしてしまったようです。

「シリコンは悪」だれが決めたの?

そこには売り手の戦略に踊らされている消費者の私たちがいるようです。

「まだシリコン入りで大丈夫?」なんて言われたら不安をあおられて「やっぱりノンシリコンだよね!」となっちゃうのが人間の心理なんでしょうね。

ここにきて最近は「ナチュラル」や「シンプル」なんて言葉がもてはやされていて、時代が「余計なもの」や「必要以上のもの」を排除したがっている傾向あり!

それに乗っかって「シリコン」も肩身の狭い思いをしているようです。

ノンシリコンシャンプー

文字通りシリコンが入っていないシャンプーをノンシリコンシャンプーと呼びます。

「ノンシリコン」=「髪にいい」ではなく「シリコンが入っていない」ということです。

意外と勘違いしている方は多いのではないでしょうか?

また「ノンシリコン」=「無添加」や「オーガニック」でもありません。違いを理解することは大切ですね。

一般的にノンシリコンシャンプーを使うことでのメリットとして、髪本来のハリを取り戻し自然なボリュームがでるといわれています。

しっとりしすぎないのでトップにボリュームがでない方におすすめです。

しかし即効性はなく、使い続けることが大切になってきます。最低でも12か月使い続けることをおすすめします。

ノンシリコンシャンプーをおすすめしない人

シリコンがいいとかノンシリコンが悪いとか一概にいうことは難しいのですが、ノンシリコンシャンプーをおすすめできない人もいます。

たとえば髪の毛が痛んでいたりロングヘアの人、長時間ドライヤーやアイロンを使用する人やカラーやパーマを繰り返す人です。

このような方にはシリコンシャンプーをおすすめします。

そのコンディショナー・トリートメントはノンシリコン?

ノンシリコンをうたって販売されているシャンプーも、セットのコンディショナーやトリートメントには、シリコンがたっぷり入っていることがあるの知ってました?

むしろそっちのほうが多いのが現実です。こだわって買ったノンシリコンシャンプーのあとにシリコンたっぷりのコンディショナーで髪をコーティングしていたなんてことがあったら残念すぎますよね。

けど、落とし穴はまだまだあって、整髪料にシリコンが入っていることも!

結局のところシリコン完全排除ってかなり難しいです。

もう一つのポイント!アミノ酸

アミノ酸系シャンプーって耳にしたことありませんか?

美容師さんにおすすめシャンプーを聞くと、アミノ酸系シャンプーをおすすめする方が多いです。

なぜアミノ酸系シャンプーがいいのでしょう?

そもそも髪の毛の90%はケラチンというたんぱく質の一種でできていることに関係があります。

このケラチンは、18種類のアミノ酸からできているんです。そのため髪の毛と同じ成分でできたアミノ酸系シャンプーがいいということになるのです。

このアミノ酸系シャンプー髪や頭皮に優しいのはいいのですが、そのぶん洗浄力が弱いのが難点。

洗浄力を求めるなら一般的に手に入りやすい高級アルコール系のシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーのメリット

・ベタつきがなくサラッとした質感に仕上がる。

・コーテイングなどをされていない素の髪の状態を維持できるので、トリートメントの効果が上がる。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

・シャンプー中や、洗い上がりがキシキシする。

・髪がパサつきやすい

 

シリコンにもノンシリコンにも良い点と悪い点があって一長一短なのがわかりましたよね。

シリコンを排除することにばかり気を取られていては、ボサボサでツヤのない髪になってしまい老けてみられることにもつながってしまいます。

それ以上に切れ毛や枝毛の原因にもなり、髪と頭皮の健康を維持できなくなってしまいます。

シャンプーの90%は水と洗浄成分でできています。シリコンが入っているのか?いないのか?

にばかり目を向けることって、実はちっぽけなことだって思いませんか?

アミノ酸系シャンプーにしても、頭皮への優しさばかりを気にして汚れを落としきれてなければ、ニオイの原因やフケかゆみにつながります。

頭皮は顔とつながっています。頭皮の清潔と健康を保つことは、顔の清潔と健康を保つことと同じです。

まとめ

いかがでしたか?売り手の戦略にのせられずに、自分にあったシャンプー選びが大切なことがわかりましたよね。

シリコン入りかそうでないかを気にしすぎるより、乾燥する季節や汗をかく季節に合わせてシャンプー選びをすることのほうが大切です。

つぎに買うシャンプーは、そのへんを意識して買ってみてはいかがでしょうか?

著者

Biew 運営